• ホーム
  • バイアグラは半分に割って飲むべき?

バイアグラは半分に割って飲むべき?

薬を持っている男性

バイアグラは勃起不全に悩んでいる男性にとって救いの薬となっています。
一般のドラッグストア等で購入することができる薬とは違い、専門の病院で医師の診察を受けて初めて購入することができる処方薬であると言う点が他の精力剤との大きな違いとなっています。
そのため勃起不全に悩んでいる男性にとって、本当の意味で助けになってくれる薬であると言えます。
市販品として自由に購入することができない背景には使用上の注意が存在していると言うことに関係しています。
副作用が非常に強く他の薬との飲み合わせによっては命に影響を及ぼす可能性もあるのです。
そのため病院で専門の医師から教育受けることで安全に使うことができるだけの知識を身に付けなければならないことになっているのです。

このバイアグラは日本では2種類の錠剤が存在しています。
1つは25ミリグラム錠であり、もう一つは50ミリグラム錠と呼ばれる商品です。
これらは含有されている有効成分の量の違いがあると言う点が異なっていますが、使い方としては性行為をする日に一定使用すると言うのが想定された使い方です。
半分に割って使用することもできますが、必ずしもそのような使い方をする必要があるわけではありません。
海外においては日本では流通していない100ミリグラムの錠剤が存在していますが、日本人には効果が強すぎると言う事から認可されていない薬となっています。
そのため海外で流通している100ミリグラム錠を利用するのであれば半分に割って指をするというのも1つの方法であるといえます。

そのため一般的にバイアグラを半分に割って使う必要はありません。
しかしながら一錠一錠が効果である薬であるという特徴があるため、節約のために半分に割って使用すると言うのは1つの方法です。
有効成分が倍であることにより値段が倍になるわけではありません。
そのため有効成分の多い錠剤を購入して半分に割って使用するのは賢い節約方法であるとも言えるのです。
このような使い方は決して推奨される方法ではありませんが、少しでも節約をしながらバイアグラを服用する方法として有効な手段になっています。
一般に病院で処方してもらう際には有効成分が少ないものから手法が始まります。
その有効成分量で効果が十分に実感できない場合に、より有効成分の多い錠剤を利用するというのが一般的な流れです。
また100ミリグラム錠は日本国内では流通していない薬であるため、節約目的で購入することができる種類の薬ではありません。

関連記事