黄色のカプセルと白い花

バイアグラはEDに悩まされている場合に服用する人気の勃起薬のことです。
バイアグラは性行為を行うタイミングに合わせて服用しますが、性行為を行う直前に服用すればすぐに効果が出る訳では無くて多少時間が掛かり、およそ一時間程度前に服用するのが望ましいと言われています。
また、服用して効果が現れたら勝手に勃起をする作用がある訳では無いのですが、それではどのようにしてEDに対して効果があるのかを説明します。
バイアグラは服用すると体内でPDE5の働きを阻害する作用があります。
PDE5の働きを阻害するというのはEDに対してどう効果があるのかについては、勃起のメカニズムを理解する方が分かりやすいです。
勃起というのはまず性的な興奮状態となる必要があり、そうする事によって陰茎の海綿体で一酸化窒素が放出され、それが血管や筋肉に働きかける事でcGMPと呼ばれる物質濃度が増加します。
このcGMPが海綿体平滑筋を弛緩させる事で血管が拡張され、それによって海綿体の血管に大量の血液が流れ込みます。
さらに血液が流れ込んで血管が大きくなる事で静脈が圧迫されて血液の流れが止まる事で勃起状態となります。
ただ、そのまま勃起状態をずっと維持し続ける訳では無いです。
勃起状態から元の状態に戻る際に関係するのが、バイアグラが阻害する作用があるPDE5です。
このPDE5というのはcGMPを分解する作用がある体内に存在している酵素の事です。
勃起を維持し続けるかどうかというのはcGMPとPDE5のバランスによって決まり、PDE5が優勢になるとcGMPが分解されて拡張された血管が元に戻って勃起状態で無くなります。
PDE5の働きを阻害するのがEDに対して有効なのは勃起がこのような仕組みになっているからです。
つまり、バイアグラを服用して効果が出ると勃起状態を維持する効果はありますが勝手に勃起してくれるという訳では無く、勃起のきっかけとなる性的な興奮状態については薬の効果とは別に与えてやる必要があります。
効果が出ると副作用として目の充血や顔の紅潮、鼻詰まりといった症状が出る事もあり、それらの症状によって薬が効いていると実感する人はいますが、勃起したかどうかで判断する事は出来ないです。
また、服用する際には単に性行為を行うタイミングに合わせれば良いという訳では無く、食事をする場合はその影響が出るので影響が少なくて済むようにする事が、薬の効果をきちんと引き出すためには大事です。
ちゃんと薬を服用しながらEDを治療して男を取り戻しましょう!

記事一覧

記事はありません

お探しの記事は見つかりませんでした。

最近の投稿
    アーカイブ
      人気記事一覧